東京勤労者医療会看護部
  • 看護部について
  • 魅力
  • 教育
  • 職場紹介
  • 先輩紹介
  • 採用情報
  • ホーム
  • 看護・介護分野が一堂に会し活動の経験交流をしました。

看護・介護分野が一堂に会し活動の経験交流をしました。

3月15日(土)2013年度看護介護活動交流集会が、千葉県流山の東葛看護専門学校で開催されました。初めは2月8日の予定でしたが、大雪のためこの日に変更となりました。講演は講師との日程調整がかなわず、残念ながら中止となりました。急な日程変更にもかかわらず96名の方の参加がありました。

今回も例年同様に東葛病院を中心とする東葛地域、代々木病院を中心とする千駄ヶ谷地域、みさと協立病院を中心とする三鄕地域による、それぞれのプレ看活研から選ばれた25演題(2演題は文書報告)が集まり、分科会は8演題ずつの3つの分科会に分かれて行いました。「患者参加型のとりくみ」「個別性を重視した基本的生活行動への応援」「安全・安楽をふまえた看護・介護実践」「患者さんやご家族の要求を引き出す信頼関係の構築」「健康権を守る看護・介護」など、まさに民医連看護・介護ならではの各職場での奮闘ぶりがうかがえる内容で、フロアからも活発な意見交換が行われました。

 

しなやかにたたかう情勢

 

特に親を失ったCちゃんに寄り添った、「グリーフケアはじめました~予後悲観を支える訪問看護師の役割とは」たんぽぽ訪問看護ステーション。「息子介護者への援助 終末期の母と未婚息子の愛を尊重して」わかくさ訪問看護など、患者・利用者・家族に寄り添った感動的な症例がいくつも報告されました。まとめの挨拶にたった大谷看護部長は「人間の可能性を通じて成長する看護・介護実践が交流された。厳しい医療情勢だが、今、私たちはしなやかにたたかう情勢」と話しました。

今回の活動交流集会での学びを糧に、引き続き民医連看護の「3つの視点」「4つの優点」を基本に「人間らしくその人らしく生きていくこと」を援助する看護をすすめたいと考えています。

看護・介護活動交流集会実行委員長 戸澤亜矢

一覧に戻る

 
この記事が気に入ったら「いいね!」してください。

東京勤労者医療会 看護学生室の最新情報をお届けします!

お問い合せ

看護学生室へお問い合せ下さい。
看護学生室

担当:松井 野村 堀

TEL:04-7197-6825

お問い合せ

 

facebook


PAGETOP

病院見学会受付中

資料請求はこちら