東京勤労者医療会看護部
  • 看護部について
  • 魅力
  • 教育
  • 職場紹介
  • 先輩紹介
  • 採用情報

kangoのつぶやきVOL.4

~初めて自分が中心となっての在宅支援~



4階病棟で勤務している2年目の看護師です。
初めて在宅支援をした患者さんについて紹介します。

A氏80歳代女性、病名は右大腿骨転子部骨折。以前に

も脳梗塞後のリハビリで入院されていました。

自宅で息子さんと生活しています。入院中、車椅子へ

の移乗・移動は全介助でした。

 面談にて患者さんの願いである自宅に帰れることに

なり、少しでも息子さんの負担が軽くなるように目標

を”スライディングボードを使用して車椅子への移乗が

行えること”とし、移乗方法を統一しました。しかし

息子さんに退院前に使用して頂くにも、忙しくメール

でしか連絡が取れないため、メディカルソーシャルワ

ーカー(以下、MSW)を通して連絡を取り、リハビ

リのスタッフより写真付資料を添えて指導し、自宅に
退院しました。
 病棟スタッフとセラピストやMSWとの他職種での

連携があり、「家に帰りたい」というA氏の願いに寄

り添うことができました。日々忙しい中でも患者さん

の願いを第一に看護できるようこれからも頑張ってい

きます。 (A)






一覧に戻る

 
この記事が気に入ったら「いいね!」してください。

東京勤労者医療会 看護学生室の最新情報をお届けします!

お問い合せ

看護学生室へお問い合せ下さい。
看護学生室

担当:松井 野村 堀

TEL:04-7197-6825

お問い合せ

 

facebook


PAGETOP

病院見学会受付中

資料請求はこちら